全長20mもの巨大な真紅のドレスを身にまとい、2mの高さから私たちを見下ろす”女性”。砂山典子の壮大なライヴインスタレーションが、旧赤線地帯と旧青線地帯の狭間にある、ディープ横浜「若葉町」にて蘇ります。


by musekaeru-wakaba

プロフィールを見る
画像一覧

タグ:展覧会 ( 1 ) タグの人気記事

【基本情報】むせかえる世界2011~横浜若葉町

むせかえる世界2011~横浜若葉町~

▼期間中生放送しています。
<パフォーマーの入れ替えのときに一度切ります>

Video chat rooms at Ustream




~全長20メートルもの巨大な真紅のドレスを身にまとい、2メートルの高さから私たちを見下ろす”女性”。
わたしたちは、そのスカートの中へ潜りこむことが許されている。~

1995年水戸芸術館のジョンケージ「ローリーホーリーオーバーサーカス展」にて発表された後、国内外を巡回した砂山典子の衝撃作「むせかえる世界」。
その壮大なライヴインスタレーションが、旧赤線地帯と旧青線地帯の狭間にある、ディープ横浜「若葉町」にて蘇ります。
会場は、1966年(昭和41年)築の銀行を改装したアートスペース&カフェ「nitehi works」。
「カフェ&バー」という居心地のイイ空間で、どんな”彼女”と出逢えるか?
どんな関係を創れるか?


・会期 2011年4月29日(金・祝)~5月8日(日)
     会期中無休
・時間 土休日:14:00~18:30
     平日:5月2日(月)+6日(金)17:00~20:30

・料金 ワン・オーダー(300円~)+カンパ
    *この展覧会は入場者によるカンパによって成り立ちます。

・会場 nitehi works(似て非ワークス)
     *古い銀行仕様のビルをコンバージョンしたオープンスペース&カフェ
     横浜市中区若葉町3-47-1 浜銀ビル1F
     TEL : 045-334-7446
     http://www.nitehi.jp/

【関連企画】

①砂山典子未公開写真展「わたしのタイランド★コップクンカー」鈴木カズキ×スナッチ
②砂山典子の過去資料コンプリート!?「スナッチ*マン喫」
③ホームレス&アーティストいちむらみさこによる「コジキャル・スナック」
④~砂山典子トークと高嶺格”木村さん”の上映~「木村さん」と考える「むせかえる世界」~横浜若葉町



・主催 ART LAB OVA http://artlabova.org/+砂山典子
・共催 nitehi works、シネマ・ジャック&ベティ
・協力 横浜美術館


~「むせかえる世界」へようこそ。

女性は、その腕力の無さゆえにスカンクの状態を夢見みる
-----エレベーターの中、人気の無い路地、夜道の一人歩き
-----私は、TPOに対応できるスカンクになりたい。
暴力には毒ガス。愛にはブルーラベンダーの香りを。

汚れるのが嫌だから、スカートの上を歩かないで。
しっかりかぶって私のとこへいらして、ね。
                         砂山典子


食肉目イタチ科のスカンクは敵に襲われたり邪魔されたりすると、頭を下げて背を弓なりに反らせて尾を立て、前足で地面を踏み鳴みならして敵に警告する。黒と白の毛皮を見せびらかせながら、それでも効果がないとみると、クルッと後ろ向きになって、体を前後に揺すり始める。そして、肛門の両脇にある臭腺から、琥珀色の強烈な匂いのする液を敵めがけて発射する。その匂いは卵の腐ったような、あるいは硫黄のようなとでも表現できる。悪臭はいつまでも残り、あたりに何時間も漂い、スカンクを取り押さえるのに使った手袋は、1年以上たってもまだ匂う
[今泉忠明 猛毒動物の百科より]



……砂山典子プロフィール
横浜出身 雑食型身体表現者
黒沢美香&ダンサーズを経由し
ダムタイプのメンバーとして20年。
その間、OK GIRLS, BEST ADULT, BITERS などの
パフォーミングアート・ユニットを立ち上げ雑食的に活動。
現在は、ショーダンスに熱心。

……ART LAB OVAプロフィール
1996年アーティストによる非営利グループとして発足。
2006年、むせかえる世界基金を企画。
2010年、10年間拠点としていた桜木町から、
横浜最後の名画座であり唯一の独立系映画館である
シネマ・ジャック&ベティのある多文化な下町、若葉町に移転し、
あいまいな店「横浜パラダイス会館」をオープン。
映画館、スナック、商店街、動物園、学校、福祉施設など、
まちの狭間で「場」や「出来事」を通じて「関わり」を探る
アートプロジェクトとして活動を展開している。

photo (C)Norico Sunayama
*このブログ内の写真を転載する場合にはクレジット(C)Norico Sunayamaを必ず付記してください。




a sultry world

When threatened or disturbed, the skunk, a carnivorous member of the weasel family, will lower its head, arch its back, raise its tail, and stomp the ground with its forelegs. If this warning display of its black and white fur fails to put off the enemy, the skunk will whirl around, show its backside and start to rock back and forth. Then, from two glands on either side of its anus, the skunk shoots a spray of amber-colored liquid stinking of rotten eggs or sulphur springs. This odor lingers for hours; gloves once used to hold a skunk down still smell after a whole year.
         -Encyclopedia of Poisonous Animals :Tadaaki Imaizumi

Welcome to “a sultry world.”
Because women lack physical strength, they dream of being skunks,
in an elevator, a lonely alley, walking alone at night. A skunk for any situation.
For strength, poison. For love, the scent of blue lavender.
I don’t want to get dirty, so don’t walk on my skirt.
Cover yourself completely.
Come to me.

              Norico Sunayama

***************

Un Monde Parfumé

Le putois est un petit mammifère carnivore de la famille des mustélidés. Lorsqu’il est attaqué ou dérangé, il défie son ennemi en baissant la tête, arquant l’échine, redressant la queue et raclant bruyamment le sol de ses pattes antérieures, en même temps qu’il hérisse sa fourrure noire et blanche en manière de parade. Si ces signes demeurent sans effet, il tourne son arrière-train vers l’ennemi, et commence à se balancer d’avant en arrière. Puis il émet, à partir de glandes situées de part et d’autre de l’anus, un liquide ambré à l’odeur extrêmement puissante d’oeuf pourri ou de soufré dont la puanteur est tenace:
elle persiste dans l’air plusieurs heures durant et reste imprégnée dans les gants de qui a cherché à capturer le putois pendant plus d’un an. -Tadaaki Imaizumi : Dictionnaire des animaux venimeux

Soyez les bienvenus! Venez me rejoinder en ce Monde Parfumé!
A défaut de force physique, la femme fantasme sur la condition du putois!
Dans l’ascenseur, les rues désertes, quand elle marche seule dans la nuit.
Je veux être un putois capable de s’adapter à toutes les situations!
A la violence, opposer des gaz toxiques. A l’amour, un parfume de lavende.
Gare à la haine, elle souille : ne marchez pas sur la jupe!
Approchez! Venez à moi mais soyez bien couverts!…..
     
              Norico Sunayama

*************

숨막히는세성

식육목 족제비과의 스컹크는 적에게 공격받거나 방해받으면, 머리를 숙여 등을 활처럼 구부려 꼬리를 세우고 앞발로 지면을 힘껏 밟아 소리를 내며 적에게 경고한다. 검고 흰 모피를 내보여도 효과가 없으면, 빙글 뒤로 돌아서 몸을 전후로 흔들기 시작한다. 그리고 항문양쪽의 취선으로부터 호박색의 강렬한 냄새가 나는 액체를 적을 겨냥하여 발사한다. 그 냄새는 썩은 달걀같다, 혹은 유황냄새 같다고 표현할 수 있다. 악취는 계속 남아서 주위에 몇 시간도 떠돌고, 스컹크를 잡는데 쓰였던 장갑은 1년 이상 지나서도 여전히 냄새가 난다.
[이마이즈미 타다아키 맹독동물의백과로부터]

[숨막히는세계]에 잘 오셨습니다.
여성은 완력이 없으므로 스컹크의 상태를 꿈꾼다.
엘리베이터 안, 인기척이 없는 골목, 밤거리 혼자 걷기.
나는 T.P.O.에 대응할 수 있는 스컹크가 되고 싶다.
폭력에는 독가스. 사랑에는 블루라벤다의 향을.
더러워지는건 싫으니까 스커트의 위를 밟지 마세요.
확실히 덮어쓰고 제가 있는 곳으로 와주세요.

            스나야마 노리코
 
[PR]
by musekaeru-wakaba | 2011-05-31 01:43 | 展覧会基本情報

カテゴリ

全体
展覧会基本情報
関連企画
ボランティア募集
広報用ツール
未分類

検索

最新の記事

【基本情報】むせかえる世界2..
at 2011-05-31 01:43
【関連企画】スナッチ*マン喫..
at 2011-05-08 23:14
【関連企画】砂山典子未公開写..
at 2011-05-08 00:42
【関連企画】砂山典子トークと..
at 2011-05-07 19:30
【関連企画】いちむらみさこと..
at 2011-05-06 18:25

以前の記事

2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

★むせかえる世界~横浜若..
from 横浜下町パラダイスまつり*よ..
横浜下町パラダイス会館で..
from チャンネル ピィ! -sok..

関連サイト

フォロー中のブログ

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧